[PR]

 米大統領選の共和党候補者指名に向けた同党サウスカロライナ州予備選が20日にあり、実業家のトランプ氏(69)の勝利が確実となった。同氏は9日のニューハンプシャー州予備選に続き、2連勝。指名獲得の本命候補としての地歩を固めた格好だ。

 AP通信の独自集計によると、開票率約1%で、トランプ氏が34%強の得票で勝利を確実にした。トランプ氏に続き、クルーズ、ルビオ両上院議員が約2割の票を得て、競い合っている。

 トランプ氏はニューハンプシャー州に続き、2位に大差をつけて連勝する見通し。保守色の強い米南部でも勝利したことで、今後の選挙戦も優位に進めるとみられる。(コロンビア〈米サウスカロライナ州〉=佐藤武嗣)