[PR]

(21日、フィギュアスケート四大陸選手権男子フリー)

 宇野はミスが響いてSP2位から順位を下げた。「順位も悔しいし、内容も満足しきれない。いろいろ課題が残った試合でした」と振り返った。

 演技冒頭でつまずいた。予定していた4回転―2回転の連続ジャンプは、最初の4回転を回りすぎてしまい、2回転ジャンプが跳べなかった。後半の4回転トーループも着氷が乱れ、片ひざをついた。

 シニア1年目でGPファイナル3位など結果を残してきた。「シニア慣れというか、試合慣れというか。一番最初の気持ちが薄れてきている。危機感がなかった。パトリック(チャン)さんの演技からは、危機感が伝わってきた」