[PR]

 レスリングのアジア選手権最終日は21日、バンコクで男子フリースタイル4階級があり、61キロ級の乙黒圭祐(山梨学院大)、70キロ級の多胡島伸佳(早大)はともに3位決定戦で敗れて5位だった。86キロ級の松坂誠應(日体大)、125キロ級の田中哲矢(自衛隊)はともに2回戦で敗れた。日本協会によると、男子フリーの日本勢は、アジア選手権で初めてメダルなしに終わった。

こんなニュースも