【動画】軽自動車が電車と衝突し、川に転落
[PR]

 21日午前11時30分ごろ、高松市東山崎町の高松琴平電気鉄道(ことでん)長尾線第二川島口踏切で、長尾発高松築港行き普通電車(2両編成)が軽乗用車と衝突した。現場は春日川の堤防上を走る市道と、川を渡る線路が交わる踏切。衝突のはずみで軽乗用車は約4メートル下の川に転落。電車の乗客や通行者が協力して、運転していた女性を救助した。

 高松東署によると、軽乗用車を運転していた高松市のパート従業員の女性(65)は車ごと川に転落し、左足に軽傷を負った。電車の乗員・乗客31人にけがはなかった。

 市消防やことでんによると、付近を通行していたトラック運転手が持っていたロープを女性に向かって投げ、土手に上がるのを複数の通行人らと助けたという。衝突後、橋の上で停止していた電車の乗客男性2人も救助を訴え、制止する乗務員を「人命にかかわる」と説得して乗務員用の出入り口から降り、救助に加わったという。

 現場は水田駅と元山駅の間の遮断機がある踏切。ことでんによると、電車が水田駅を出発して西進中、春日川にかかる橋のたもとにある現場の踏切に差し掛かったところ、市道を北から踏切に入ってきた車を発見。非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。同署によると、運転していた女性は「ぼーっとしていて気づいたら踏切に入っていた。すぐ電車が来てしまった」と話しているという。