[PR]

 広島から大リーグ・ドジャースに移籍した前田が21日(日本時間22日)、キャンプ2日目で初めてブルペン入りした。カーブ、スライダーなど変化球を交えて39球。じっと見つめたロバーツ監督は、投げ終わると同時に拍手で称賛した。

 キャンプ前にもブルペンで投げたが、この日が首脳陣へのお披露目だった。前田の投げる一角には人だかりができた。ハニーカット投手コーチ、球を受けた正捕手のグランダルは「コマンド(制球力)が素晴らしい」と絶賛した。

 前田は「今日はすべての球種をコースに投げ分けられた」。変化球は日本のボールより曲がりが大きくなると感じるが、それにも慣れつつある。「アジャスト(適応)できている」という言葉を繰り返した。(グレンデール=伊藤雅哉)