[PR]

 スマートフォン世界最大手の韓国サムスン電子は21日、スペイン・バルセロナで最新モデルの発表会を開いた。出荷台数は世界トップだが、割安感のある中国勢の猛追を受け、シェアが下がりつつある。最新技術とともに扱いやすさをアピールし、てこ入れを急ぐ。

 発表したのは、ギャラクシー「S7」と、画面の両脇が湾曲した「S7エッジ」。カメラに一眼レフでも使われる技術を採用し、ピントが合う速さを現モデルより4~10倍ほど向上させた。バッテリーを大きくして電池のもちをよくし、防水機能もつけた。22日にバルセロナで始まる携帯電話の国際見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で展示する。

 米アップルのiPhone(アイフォーン)と競合する高級機種。3月中旬から世界各地で発売し、日本でも今夏ごろに大手携帯会社から売り出される見通しだ。調査会社IDCによると、昨年のスマホの出荷台数のメーカー別シェアは、サムスンが22・7%で首位だが、前年より1・7ポイント下落。2位のアップルや3~5位の中国勢がシェアを伸ばしたのとは対照的だ。(バルセロナ=内藤尚志)