[PR]

 22日午前7時40分ごろ、大阪市東成区東小橋2丁目で火災が発生し、木造2階建てのゴム製品の加工工場と棟続きの空き家延べ約150平方メートルが焼けた。工場の79歳と77歳の男性従業員が煙を吸って搬送されたが、軽傷という。火は約1時間後にほぼ消し止められた。

 東成署や市消防局によると、出火時は負傷した2人が機械の稼働準備中で、スイッチを入れて機械を動かし始めた直後に黒煙が上がったという。

 現場はJR鶴橋駅から北東約550メートルの町工場や商店が並ぶ一角。