[PR]

 札幌―青森間を30年近く結んできた夜行急行「はまなす」が、北海道新幹線の開業に伴って廃止される。これで道内の定期夜行列車が姿を消し、全国からJRの急行が消える。道民や全国のファンが最後の「一咲き」に引き寄せられている。

 22日午前3時半、JR函館駅に札幌発のはまなすが到着すると、カメラやスマートフォンを手に乗客が一斉にホームに飛び出した。

 ヘッドマークなどの写真を撮っていた東京都の男性会社員(38)は「廃止前に乗りたい」と有給休暇を取って札幌から乗った。年に3~4回は旅行で北海道を訪れ、「はまなすは飛行機が欠航したときなどに何度も利用した思い出の列車。これで最後かと思うと寂しいですね」。札幌市の女性(46)はこの日が初めての乗車。「特急よりゆっくりで夜景も見られる。もっと早く乗っておけばよかった」。

 この日午後には、札幌市のJR北海道の車庫で、当日夜に札幌を発つ車両が報道公開された。濃いブルーの外観は長年走り続けた古さを感じさせるが、車内はまだまだ「現役」で駆け抜けられるようだった。

 「ラストラン」となる来月20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら