[PR]

 警視庁田園調布署(東京都大田区)の5階男子トイレの個室で21日夜に拳銃自殺したとみられるのは、当直勤務中の同署地域課の男性警部補(53)だった。同じトイレの同じ個室では昨年10月にも、同じ地域課の男性警部補(当時29)が拳銃自殺をしており、警視庁は、職場環境などを詳しく調べる。

 署によると、53歳の男性警部補は署内で、21日朝から翌22日朝までの当直勤務に就いていた。21日午後7時から3時間の休憩に入ったが、午後10時の交代時間になっても姿が見えないため、署員が捜していたところ、午後10時半ごろ、5階男子トイレの個室で、口から血を流して倒れている警部補を発見した。そばに落ちていた拳銃は警部補に貸与されていたもので、1発発砲した跡があった。

 発砲音に気づいた署員はいなかった。書き置きなどは今のところ見つかっていないという。署は、警部補が自ら頭を撃った可能性が高いと説明している。一方、昨年10月5日夜に同じ場所で拳銃自殺をした男性警部補は、今回死亡した警部補の同僚だった。近藤潔署長は「拳銃による職員の自殺容疑事案が発生したことは誠に遺憾。事実関係などについては今後、調査する」とコメントした。