[PR]

 ソフトバンクは3月4日から、通信料が割安なブランド「ワイモバイル」で、米アップルのiPhoneの旧型機種「5s」を発売する。

 割安ブランドでiPhoneを扱うのは初めて。携帯大手からワイモバイルのような「格安スマホ」に乗り換える契約者が増えているため、旧型とはいえ根強い人気の機種を契約増につなげるねらいがある。容量16ギガバイトのモデルで24回払いの場合、月1千円の負担で購入できる。

 ただ、iPhone人気も最近は新モデルの機能進化が乏しいことなどから、やや失速気味。「ついに、割安ブランドのてこ入れに使われた」(別の携帯大手幹部)との声も出ている。

こんなニュースも