日本マクドナルドは22日、同社が初めて公募したハンバーガーの名前を、「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」に決めたと発表した。牛肉や具をはさむパンの小麦粉は外国産だが、北海道のジャガイモとチーズを使っている。2週間で約500万件の応募があった。

 複数の人がこの名前を出したが、抽選で群馬県の40代男性に、このバーガー10年分相当の142万3500円を贈る。

 2日から、「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醬油(しょうゆ)風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー」という仮称で売り出していた。3月中旬まで販売する。単品は税込み390円、ポテトなどと飲み物のセットは690円。