[PR]

 携帯電話の国際見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が22日、スペイン・バルセロナで始まり、世界のメーカー各社が新型のスマートフォンを披露した。後発の中国勢が技術力をつけるなか、各社とも強くアピールするのは、使い勝手のよさだ。

 開幕前夜の21日夜、地中海をのぞむバルセロナの大型会議場。韓国サムスン電子が開いた新モデル「ギャラクシー S7」の発表会で、担当幹部は「水にぬれても大丈夫」「カメラは世界でベスト」と熱弁をふるった。防水機能やカメラのピントが合う速さなど、扱いやすさを前面に出す。昨年は、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」をライバル視し、画質など性能の比較に力を注いでいた。

 ソニーは22日、新モデル「エクスペリア X」を発表。動く被写体にピントをあわせ続けられるカメラを搭載した。別売りのコードレスのイヤホンでは、届いた電子メールを音声で聞けて、スマホの画面を見なくてすむ。平井一夫社長は「コミュニケーションを豊かにする」と訴えた。