[PR]

 政府が「竹島の日」の記念式典に酒井庸行・内閣府政務官を派遣したことについて韓国外交省は22日、「昨年末の慰安婦問題の韓日合意を契機に新たな両国関係を開いていくために努力しなければならないにもかかわらず、政府高官を出席させたことに強く抗議し、再発防止を要求する」との報道官声明を発表した。

 声明は竹島(韓国名・独島〈トクト〉)について「歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土」と強調し、「日本政府が挑発を直ちに中断し、日本帝国主義侵略の歴史を謙虚に直視する姿を見せるよう強く要求する」とした。22日午後には外交省の李相徳(イサンドク)東北アジア局長が在韓国日本大使館の鈴木秀生・総括公使を呼び、抗議した。

 一方、ソウルの日本大使館近くでは22日午前から、複数の団体が数十人から100人超の規模で抗議集会を相次いで開いた。集会には小学生や中高生の姿もあった。「独島はわが領土」などとシュプレヒコールをあげ、「竹島の日」の撤回などを訴えた。(ソウル=東岡徹