合田佐和子さん(ごうだ・さわこ=画家)が19日、心不全で死去、75歳。葬儀は近親者で営まれた。後日お別れの会を開く予定。喪主は次女安藤信代さん。

 寺山修司主宰の演劇実験室「天井桟敷」や、唐十郎主宰の劇団「状況劇場」の舞台美術やポスターなどを手がけた。幻想的な作風で知られ、91年に朝日新聞で連載された中上健次の小説「軽蔑」で毎回、目だけの挿絵を描き、話題になった。