【動画】宇宙飛行士の油井亀美也さんが会見=長島一浩撮影
[PR]

 国際宇宙ステーション(ISS)に約5カ月間滞在し1年ぶりに帰国している、宇宙飛行士の油井亀美也(きみや)さん(46)が23日、東京都内で記者会見を開いた。初ミッションをビデオで振り返り、「宇宙開発は難しいが、物資を届ける無人補給船など、日本の技術力の高さを感じた」と語った。

 油井さんは長期滞在時に最もうれしかったことを聞かれ、「(無人補給船の)こうのとりで日本から果物が届いたとき」と笑顔で報告。長期滞在はあっという間だったといい、「宇宙から富士山を見た時に日本に帰りたくなった」と話した。

 打ち上げ後、初めて無重力を感じたときは喜びがこみ上げたとし、「帰還時には重力の感覚を忘れていたが、地球に抱きしめられているような安心感があった」という。

 油井さんは3月下旬まで国内滞在し、自身の名前にちなみ「亀の恩返し」と題したミッションの報告会を、全国で開催する予定。ISSで撮影した写真などを使い宇宙の魅力を伝えるという。

 次の目標は、船長としてISSに向かうこと。油井さんは「次に続く日本人宇宙飛行士のミッションを支えることが自身の次のフライトにつながる。チームをまとめるリーダーシップも身につけたい」と意気込みを語った。

 昨年12月に地上に帰還し、米国でリハビリなどに励んでいた油井さんは22日には馳浩文部科学相を訪問。「次の自分の大きな目標は、(6月ごろにISSに向かう)大西(卓哉)さんのミッションの成功。宇宙での経験を伝えたい」などと話していた。(山崎啓介)

こんなニュースも