[PR]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が23日、開幕する。日本勢は広島、ガ大阪、浦和とプレーオフを勝ち抜いたFC東京が出場。2008年のガ大阪以来のアジア一を目指す。23日は広島が本拠で山東(中国)、FC東京がアウェーで全北(韓国)と対戦する。大会には32チームが参加。1次リーグは4チームが8組に分かれる。ホーム・アンド・アウェー方式の2回戦総当たりで、上位2チームが決勝トーナメントに進出。決勝は11月19日と26日に行われる。

     ◇

■1次リーグ東地区の組分け

【E組】

全北(韓国)

江蘇(中国)

ビンズオン(ベトナム)

FC東京

【F組】

広島

FCソウル(韓国)

ブリーラム(タイ)

山東(中国)

【G組】

メルボルン・ビクトリー(豪州)

ガ大阪

水原(韓国)

上海上港(中国)

【H組】

広州恒大(中国)

シドニーFC(豪州)

浦和

浦項(韓国)

     ◇

 〈大会方式〉 1次リーグはホーム・アンド・アウェー方式の2回戦総当たりで、各組上位2チームの計16チームが決勝トーナメントへ。5月17日から始まる1回戦以降もホーム・アンド・アウェー方式で、それぞれ2試合の合計スコアで上回ったチームが勝者となる。準決勝まで東西に分かれて行い、東西のトップが決勝(11月19、26日)でぶつかる。