[PR]

 2009年に大阪市此花区のパチンコ店に放火し、5人を殺害するなどして殺人などの罪に問われた高見素直(すなお)被告(48)の死刑判決が確定する。最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)は23日、死刑とした一、二審判決を支持し、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。

 判決によると、高見被告は09年7月5日、自宅近くのパチンコ店にガソリンをまいて火をつけ、客4人と従業員1人を殺害、10人を負傷させた。

 第三小法廷は「人出が多い日曜のパチンコ店を狙った計画的な無差別殺人で、きわめて残酷かつ悪質。社会に与えた衝撃は大きい」と指摘。被告側は「妄想の影響を受け、責任能力は限定的だった」と主張したが、「希望にかなう就職や将来の生活を考えて活動を続けながら、現状への不満を動機として犯行を決意しており、妄想の影響は大きくはない」と述べた。

 裁判で弁護側は、「絞首刑は残…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら