[PR]

 クンクンクン。持ち込めない食べ物が荷物に入っていませんか――。外国人旅客が急増する関西空港で、日本に持ち込めない肉製品や果物などを見つける検疫探知犬が大活躍している。中には野良犬から才能を見いだされた犬もいる。

 関空第1ターミナルの手荷物受取所では外国からの旅客便が到着すると、ビーグル犬がちょこちょこ歩きまわる。ターンテーブルから移されるスーツケースや旅客手荷物を嗅ぎ、「怪しい」と感じると、荷物の横にお座りして、家畜防疫官に知らせる。

 検疫探知犬は鳥インフルエンザなど家畜の伝染病や、農産物についた害虫が国内に入らないよう、肉製品や果物を見つけるのが役目。農林水産省動物検疫所関空支所によると、2005年に成田空港に導入され、関空には08年に2匹が来た。肉製品などを09年は約3・3トン、14年には約4・8トン見つけた。検疫探知犬のハンドラーで家畜防疫官の福田麻衣さん(31)は「旅行中の弁当やおやつ、日本へのお土産などとして、鶏肉やソーセージ、ジャーキーを持ち込む例が多い」と話す。

 アジアを中心に就航が相次ぎ、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら