[PR]

 23日午前6時15分ごろ、長野県塩尻市宗賀の国道19号で、法政大学に通う東京都の男子大学生4人が乗った普通乗用車と大型タンクローリーが正面衝突した。塩尻署によると、大学生4人とタンクローリーの運転手が病院に運ばれ、大学生2人が意識不明の重体、1人が重傷。署はタンクローリーのドライブレコーダーの映像などから、乗用車が中央線をはみ出したとみて調べている。

 署によると、重体になっているのは東村山市本町3丁目の佐野風真(ふうま)さん(20)と練馬区大泉町6丁目の牟田翔太朗さん(19)、重傷は中野区上高田3丁目の谷村風(かおる)さん(19)。乗用車は佐野さんの父親のもので、佐野さんが運転していた。もう1人の大学生(19)とタンクローリーを運転していた名古屋市港区の会社員(56)は軽傷。大学生4人は法政大学のサッカーサークルに所属しており、京都や神戸に旅行に行った帰りだったという。現場は片側1車線の見通しの良い直線道路。2台ともブレーキ痕はないという。