[PR]

 23日午前8時17分ごろ、大津市馬場2丁目のJR琵琶湖線膳所(ぜぜ)駅を通過していた長浜発姫路行き新快速電車(12両編成、乗客約1200人)に男性がはねられた。男性は死亡した。同線は山科―米原駅間の上下線で運転を見合わせたが、約50分後に運転を再開した。阪急や阪神などへの振り替え輸送中。JR西日本などによると、この事故で同線の上下線計25本が運休(部分運休含む)し、約2万4千人に影響が出た。

 新快速の運転士がホームから線路上に落ちる男性に気づいて非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。