[PR]

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、29日から大阪で始まる女子サッカーのリオ五輪アジア最終予選に出場する北朝鮮代表チームの入国を認めると表明した。北朝鮮による長距離弾道ミサイルの発射を受け、10日に決定した独自制裁で北朝鮮籍者の入国を原則禁止としたが、今回は「特別な事情」にあたると判断した。

 菅氏は「国際スポーツ界において、国籍等による差別は禁止という考え方が浸透している。こうしたことを勘案し、査証が発行される」と述べた。日本政府によると、15日に入国申請があったという。