[PR]

 2020年東京パラリンピックで初めて正式種目になるバドミントン。車いすの部で国内トップクラスの山見誠治さん(47)=福岡県太宰府市=は、福岡県警で鑑識の仕事をしながら、世界の舞台をめざしてシャトルを追う。

 福岡市南区の市立障がい者スポーツセンター。平日夜、バドミントンの練習に汗を流す山見さんの姿があった。車いすを細かく操作してコートを動き回り、相手のふいをつくショットを狙う。「いかに相手を動かし、捉えにくい場所に打てるか」。そんなかけひきが競技の面白さだという。

 障害者のバドミントンは車いすと立位があり、車いすは障害の度合いで2段階に分かれる。山見さんは障害の重いクラスでシングルスの世界ランキング10位。国内ではトップクラスだ。