[PR]

 2007年から毎年4月に大阪で行われてきたバドミントンの国際大会「大阪国際チャレンジ」が、今年は開催できないことになった。日本バドミントン協会が大会の公認を行う世界連盟(BWF)へ開催申請を行ったものの、申請期限を過ぎていたため。来年は開催する予定にしている。

 日本協会によると、例年は大会の半年前が申請期限だったが、五輪開催年の今年は前年4月末に変更されていたという。BWFからは一昨年秋に変更を伝えるメールが日本協会事務局に届いていたが、見落としていた。日本協会の銭谷欽治専務理事は「ミスで開催できなくなり、申し訳ない」と話している。