[PR]

 激しい内戦と台頭する過激派組織「イスラム国」(IS)による混乱が続くシリアを巡り、米国とロシアは22日、シリア時間27日午前0時からの停戦を求めることで合意した。ロシアはアサド政権に、米国は反政権勢力に停戦を守るよう呼びかける。だが米ロの思惑は異なり、停戦の実現は困難を極めそうだ。

 ロシアのプーチン大統領は22日夜、オバマ米大統領と電話で協議。シリア停戦の米ロ共同声明について正式に合意した後、緊急のテレビ演説を行った。

 「長年にわたる流血と暴力に終止符を打つチャンスがようやく生まれた」「テロの脅威に対する国際社会の責任ある行動の実例になり得る」

 プーチン氏がこうしたテレビ演…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら