[PR]

 環境省の中央環境審議会自然環境部会は23日、西表石垣国立公園(沖縄県)のうち、西表島での範囲を島全域に広げることを決めた。また、57番目の国定公園として「京都丹波高原国定公園」(京都府)を新たに設けることを決めた。いずれも3月下旬の官報で告示される。

 西表島の国立公園の範囲は島の3分の1程度だったが、絶滅のおそれが高い固有種イリオモテヤマネコの生息環境が山間部に及ぶことがわかり、陸域で約1万9千ヘクタールを拡張。島全域で保全を進める。

 政府は西表島を含む「奄美・琉球」地域について、早ければ2018年にユネスコの世界自然遺産に登録することを目指している。登録には、予定地を国立公園に指定するなど自然保護体制を取ることが条件となっている。

 京都丹波高原国定公園は京都府中央部に位置し、スギやブナなどの自然林に豊かな生態系があることが評価された。(香取啓介)