[PR]

 オバマ米大統領は23日、ホワイトハウスで演説し、キューバのグアンタナモ米海軍基地の収容所のテロ容疑者を米国内の13の施設に移送する計画を米議会に提出したことを明らかにした。オバマ氏は「グアンタナモ収容所はテロリストの勧誘に利用されている」と述べ、閉鎖が国民の安全につながると強調した。

 アフガニスタンやイラクなどで適正な手続きをせずに拘束した容疑者を集めたグアンタナモ収容所は国際的に批判を浴びた。ピーク時の2003年には約680人が収容されていたが、現在は91人に減っている。

 国防総省が議会に提出した計画では、容疑者を既存の刑務所も含む米国内の13の施設に移送。新たに施設建設などにかかる費用は最大で4億7500万ドル(約540億円)。ただ、グアンタナモ収容所よりも最大で年8500万ドル節約できるため、3~5年で採算が合うと説明している。

 グアンタナモ収容所は、オバマ氏が09年の就任翌日に1年以内の閉鎖を命じる大統領令を出したが、議会が米本土への収容者移送に反対したことなどから実現していない。上下両院とも共和党が多数を占めており、今回の閉鎖計画にも反対が予想される。(ワシントン=奥寺淳)