[PR]

 ケリー米国務長官は23日、訪米した中国の王毅(ワンイー)外相と米国務省で会談し、核実験を強行した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議について、米中の協議が大きく進展したことを明らかにした。ケリー氏は「過去の決議よりも強いものになる」と語った。一方、南シナ海問題では溝は埋まらなかった。

 国連の北朝鮮制裁決議は米中が中心となって調整している。安保理で議論する前に王氏が訪米した。会談後の共同記者会見で、ケリー氏は制裁決議について「大きく進展した。成立するのは間違いなく、過去のいかなる決議よりも強いものになる」と述べた。

 王氏も、北朝鮮を核保有国として認めず、ミサイル開発も容認しないことで一致したと強調。制裁決議について「重要な進展があった。近い将来に決議の草案で合意し、採決される可能性がある」と述べた。ただ中国は北朝鮮の体制が不安定化することには反対の立場で、強力な制裁を求める米国との溝が具体的にどこまで埋まったかは不明だ。

 一方で王氏は、制裁だけでは北…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら