[PR]

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒(当時17)が自殺したのは、顧問だった元教諭(50)=懲戒免職=の暴力が原因だとして、関東に住む遺族が市に約1億7千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は24日、約7500万円の支払いを市に命じる判決を言い渡した。岩井伸晃裁判長は「元顧問の暴行で精神的に追い詰められたことが原因で自殺した」と認めた。

 判決によると、主将だった生徒は、元顧問から平手打ちなどの暴力を繰り返され、「主将やめろ」などの暴言を受けた。2012年12月に自宅で自殺。「なぜ僕だけがあんなにシバき回されなければならないのですか」と書いた元顧問宛ての手紙を書き残していた。

 遺族側は「元顧問の暴力が生徒を極限まで追い詰め、校長らも暴力を知りながら放置した」と主張。市側は「自殺は元顧問の暴力が原因ではなく、予見もできなかった」と反論した。元顧問も市側の立場で出廷し、「過去に十数人の生徒に同じようなことをした。生徒の自殺の原因は分からない」と述べた。

 元顧問は、暴行と傷害の罪で懲役1年執行猶予3年の有罪判決が確定している。