[PR]

 24日午前11時20分ごろ、長野県飯田市山本の中央自動車道下り線で、県警の警察車両が停止させたワンボックスカーから、乗っていた3人の男が逃走した。長野県警によると、その中に埼玉県内で発生した強盗事件の容疑者に似た男がいるという。同県警が行方を追っている。

 飯田署によると、3人はいずれも20歳代で、身長は170センチ前後、容姿などから外国人とみられる。このうち2人は長めの茶髪で、1人はグレーのダウンベスト、もう1人はベージュ色のジャンパーを着ていた。残る1人の着衣などは不明という。

 同署は3人が中央道から出て、飯田市内を逃げているとみて、検問を張るなどして行方を追っている。3人が逃げた現場は中央道の飯田山本インターチェンジ付近。市街地からは車で20分ほどという。

 飯田市教委は同日、市内の小中学校に対し、集団下校や保護者に迎えを要請するよう指示。同市危機管理室は、防災無線などを通じて市民に事態を伝え、戸締まりと不要な外出を避けるよう呼びかけた。