[PR]

 マレーシアのマハティール元首相(90)が24日、警察から事情聴取を受けた。現地紙などの報道によると、同国のアパンディ司法長官に対する名誉毀損(きそん)の疑いがかけられているという。同氏は昨年11月にも、ナジブ首相に対する名誉毀損(きそん)容疑で事情聴取された。

 マハティール氏は今月5日、自身のブログで、政府系ファンド「1MDB」をめぐって持ち上がったナジブ氏の資金流用疑惑に言及。1月下旬にアパンディ氏がナジブ氏を訴追しないことを決めた判断について、「彼には(検察トップとしての)信頼性がない」などと批判していた。(シンガポール=都留悦史)