24日の東京債券市場で、長期金利の指標となる満期10年の新発国債の流通利回りが一時、マイナス0・055%となり、約2週間ぶりに過去最低を更新した。

こんなニュースも