高校生が科学の力を競う第5回科学の甲子園全国大会に出場する47校が決まった。主催する科学技術振興機構が24日発表した。大会は3月18~21日に茨城県つくば市で開かれる。

 都道府県予選には過去最多の668校計8261人が参加。全国大会は各校6~8人で計367人が参加する。5回連続は9校、初出場は14校。筆記のほか簡単な材料でパラシュートをつくり正確な場所に落下させるなどの実技競技に取り組む。

 出場校は次の通り。

 札幌開成高(北海道)、八戸高(青森)、盛岡第三高(岩手)、仙台二華高(宮城)、秋田高(秋田)、米沢興譲館高(山形)、安積高(福島)

 並木中等教育学校(茨城)、宇都宮高(栃木)、高崎女子高(群馬)、開智高(埼玉)、渋谷教育学園幕張高(千葉)、小石川中等教育学校(東京)、栄光学園高(神奈川県)

 新潟高(新潟)、富山中部高(富山)、金沢泉丘高(石川)、藤島高(福井)、吉田高(山梨)、屋代高(長野)、岐阜高(岐阜)、磐田南高(静岡)、海陽中等教育学校(愛知)、桑名高(三重)

 膳所高(滋賀)、洛星高(京都)、北野高(大阪)、尼崎稲園高(兵庫)、西大和学園高(奈良)、智弁学園和歌山高(和歌山)

 鳥取西高(鳥取)、松江北高(島根)、岡山白陵高(岡山)、広島学院高(広島)、徳山高(山口)

 徳島市立高(徳島)、丸亀高(香川)、松山東高(愛媛)、高知学芸高(高知)

 久留米大学附設高(福岡)、唐津東高(佐賀)、青雲高(長崎)、玉名高(熊本)、大分上野丘高(大分)、宮崎西高(宮崎)、ラ・サール高(鹿児島)、那覇国際高(沖縄)

こんなニュースも