JR九州は24日、九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の整備計画を協議する与党の検討委員会で、新幹線と在来線を乗り継ぐ「リレー方式」案を提示した。検討委は予定通り2022年度までにリレー方式による開業の方向で最終調整しており、JR側もこれを受け入れたかたちだ。

 検討委にはJR九州の青柳俊彦社長が出席した。

 長崎新幹線には、車輪の幅を変えて新幹線と在来線の両方を走るフリーゲージトレイン(FGT)の導入が計画されているが、開発が遅れている。JRは、FGTの本格運行が始まるまでは、武雄温泉駅(佐賀県武雄市)で乗り換える案を提示。武雄温泉―長崎間の新幹線を先行開業すれば、「整備効果が沿線地域や九州全体へ波及することが期待できる」と説明した。

 リレー方式の場合、JRはフル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース