児童虐待が全国で最も多い大阪。大阪市旭区が子育て中のママに配る「あさひキッズカード」が注目を集めている。商店街でカードを示せば、割引などのサービスがある。母親が家にこもって孤立しないように小児科医らが発案。「地域ぐるみで子育てを応援しよう」と商店街も応えた。

 約200店が連なる旭区の千林商店街。子ども服店「タンポポキッズ」のレジに「あさひキッズカード登録店」と書かれたステッカーが貼ってある。名刺サイズのカードを提示すると、5%引きで買える。

 店には週に数人、カードを持った母親が訪れる。店主の西川徹さん(67)は「商店街に顔なじみができて子育てしやすい街だと思ってほしい」と話す。