[PR]

 ホンダは主力セダン「シビック」を日本市場に復活させる。ホンダの最古参ブランドの一つで、今も世界で売れている車だが、国内では2010年を最後に生産をやめていた。

 八郷隆弘社長が24日開いた記者会見で、日本市場へのシビックの再投入を検討していると明かした。

 八郷社長は、「販売店の話を聞くと、シビッククラスのスポーティーなセダンが望まれている。(セダンをほしがる客は)輸入車に傾いてしまっているので、もう一度しっかりと提案したい」と話した。2年以内の市場投入をめざす。

 ホンダは昨年11月、北米に10代目となるシビックの新型車を投入した。車体の高さを抑えるなどしてスポーティーなデザインにするとともに、排気量1・5リットルエンジンにターボを組み合わせて、力強い走りを実現した。最も優れた新車に贈られる「北米カー・オブ・ザ・イヤー2016」に選ばれるなど、車の完成度への評価は高い。

 ホンダは今後、この新型シビックをベースに、日本市場にあわせた仕様にして売り出す。14年に投入した小型セダン「グレイス」は販売が苦戦しており、知名度のあるシビックで、セダンの需要を掘り起こす狙いもありそうだ。