[PR]

 ラグビー・トップリーグの東芝は24日、昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表の広瀬俊朗(34)が引退することを発表した。広瀬は2004年、慶大から東芝に加入し、SOなどで活躍。12年から2年間は、日本代表の主将を務めた。W杯イングランド大会で出場機会はなかったが、裏方としてチームの精神的支柱の役割を果たした。3月1日に引退記者会見を開く予定。