[PR]

 27日朝から指された第74期将棋名人戦・A級順位戦の最終9回戦で郷田真隆王将(44)と久保利明九段(40)のA級陥落が決まった。

 A級順位戦は、優勝者が名人挑戦者になり、成績下位2人がB級1組に降級する。5クラスある順位戦の最上位に位置するA級在籍は一流棋士の証し。郷田王将は11年連続で計13期在籍し、第65、67期では名人挑戦者になった。久保九段は3年連続で計10期在籍し、前期はプレーオフの挑戦者決定戦まで進んだ。

こんなニュースも