[PR]

 北朝鮮に対する国連安全保障理事会(15理事国)の制裁決議案の内容をめぐり、ともに常任理事国の米中両国が基本合意したと、安保理関係者が24日明らかにした。安保理では25日午後2時(日本時間26日午前4時)から北朝鮮関連の非公開会合の予定が入っている。両国は間もなく他の理事国にも決議案の草案を配布し、早ければ週内の採択を目指す。

 この安保理関係者は草案について、「内容が濃くて長い、最大限の決議案に仕上がっている。近く採択できることを期待する」と述べた。草案の詳細については語らなかった。

 一方、別の安保理関係者は「週内の採択は難しい」とも語っており、採択時期は流動的だ。草案を本国政府に照会しながら精査するのに多少の時間をかけたいという。

 北朝鮮は1月6日に通算4度目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも