[PR]

 神奈川や東京でスーパー「食品館あおば」を運営する「ビック・ライズ」(横浜市)と関連会社が東京国税局の税務調査を受け、2013年10月期までの7年間で約3億2千万円の所得隠しを指摘されたことがわかった。ビック社の元役員2人が架空の人件費を計上して資金を捻出し、個人的な生活費に流用するなどしていたという。

 追徴税額は重加算税を含め約7千万円。ビック社は納税を済ませており、取材に「管理体制を強化し再発防止に努める」とした。不正発覚後、元役員2人は解任された。

 ビック社などによると、元役員2人は、知人が店舗で働いているように装って給与を支払ったり、架空の運送費を支出したりして、自分の口座に入金。自宅の修繕費を店舗の改装費に紛れ込ませて計上することもあった。国税局は、経営に関わる役員の不正であることから、会社の所得隠しと認定したとみられる。

 ビック社の店舗は神奈川を中心に27店舗あり、14年10月期の売り上げは約342億円。