[PR]

 シャープは25日午後、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ることを正式に発表した。同日の取締役会で鴻海の支援を受け入れることを、全会一致で決めた。

 鴻海がシャープの第三者割当増資に応じて、約5千億円でシャープ株式の6割超を取得する。6月の株主総会で承認を受けて、実施する予定だ。

 鴻海は三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行が持つシャープの優先株式2千億円についても、半分を買い取る。

 シャープは増資で得られる資金を、スマートフォン向けなどで需要増が期待される「有機ELパネル」の開発費などにあてる。

こんなニュースも