[PR]

 羽生善治名人への挑戦権をトップ棋士10人が争う第74期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終9回戦が27日、東京都渋谷区の将棋会館で5局一斉に指される。対戦カードは、行方尚史八段(6勝2敗)―佐藤天彦八段(7勝1敗)▽佐藤康光九段(5勝3敗)―渡辺明竜王(同)▽久保利明九段(2勝6敗)―森内俊之九段(3勝5敗)▽深浦康市九段(同)―広瀬章人八段(2勝6敗)▽屋敷伸之九段(5勝3敗)―郷田真隆王将(2勝6敗)。対局は午前10時に始まり、持ち時間は各6時間。

 A級9回戦は「将棋界の一番長い日」と呼ばれる。名人挑戦の可能性があるのは首位の佐藤天八段と2位の行方八段。9回戦の直接対決で佐藤天八段が勝てば挑戦決定、行方八段が勝てば両者によるプレーオフにもつれ込む。一方、郷田王将、広瀬八段、久保九段、森内九段のうち成績下位2人がB級1組へ降級する。

     ◇

 対局の模様は朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/)で随時お伝えします。棋譜は有料の名人戦棋譜速報(http://www.meijinsen.jp/別ウインドウで開きます)でも見られます。

こんなニュースも