[PR]

 福岡市が出資し、劇場を運営する第三セクターの博多座(同市博多区)が投資信託の運用に失敗し、1億6千万円の損失を出していたことがわかった。再発防止のために市が設けた第三者委員会は、投資額に上限を設けるなどの対策案をまとめた。

 博多座は2007年、預金の28億円から運転資金16億円を差し引いた余裕資金から6億円を投資信託したが、08年秋に起きたリーマン・ショックの影響で、11年の解約時には4億4千万円になっていた。

 14年12月に市議会で指摘を受け、市は15年3月、弁護士や公認会計士による第三者委を設置。市議会に提出予定の報告書では、投資に規定違反はなく、判断自体は不当ではないとされたが、今後は投資額を利益剰余金の範囲内とする規定を設けるほか、内部通報制度の充実や中立的立場の弁護士などによるチェック機能の強化なども提案される。

 市は資本金の約27%の3億円を出資し、毎年、委託金3億円程度を支出している。14年度の純利益は1億4千万円で3期連続の黒字だが、累積赤字が6億600万円にのぼる。(大崎浩義)