[PR]

 コメの味を格付けしている財団法人「日本穀物検定協会」(東京)は25日、2015年産米の「食味ランキング」を発表した。5段階評価で最高の「特A」は、前年を4銘柄上回る46銘柄が選ばれて過去最多となり、全体の3割を占めた。

 東京、大阪、沖縄を除く44道府県からエントリーがあった139銘柄を検査した。特Aをとった産地は過去最多の27道県に広がり、青森、滋賀、山口、宮崎は初取得となった。

 初めて特Aになった銘柄は、北海道産「ふっくりんこ」、青森県産「青天の霹靂(へきれき)」、栃木県産「とちぎの星」、岐阜(美濃)県産「コシヒカリ」、滋賀県産「秋の詩」、滋賀県産「みずかがみ」、福井県産「あきさかり」、広島県産「ヒノヒカリ」、山口(県西)県産「きぬむすめ」、宮崎(霧島)県産「ヒノヒカリ」の10銘柄だった。

 高級でおいしいコメの産地間競争が激しくなる一方、5段階評価で3番目の「A′」(標準的なコメ)も33銘柄と前年から12銘柄増え、「二極化」が進んでいる。

 コメの国内消費の3割は外食や…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら