[PR]

 大阪ガスと出光興産は25日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電所を兵庫県姫路市に建設すると発表した。2020年代前半から後半にかけて段階的に運転する。家庭用電力販売が4月に自由化されるなど市場が広がるため、十分な発電態勢を整える。

 発電能力は最大約180万キロワットで、単純計算すると300万世帯ほどの家庭に電気を送れる規模。まず20年代前半に約100万キロワット分で発電を始め、後半にフル稼働をめざす。

 姫路市内にある22万平方メートルの出光の遊休地を使う。両社は14年ごろから建設の交渉をしていたという。4月1日付で、共同出資会社「姫路天然ガス発電」を設ける。大ガスが約67%、出光が約33%を出資する。

 大ガスは、関西電力管内で4月から家庭用の電力販売に参入する。現在は火力や太陽光など計184万キロワット分の能力の発電所を持つが、20年代までに600万キロワット分に増やす目標を掲げている。(伊藤弘毅)