[PR]

■山東昭子・元参院副議長

 いま(衆院選挙制度の)定数削減の論議がなされているけれども、大切なことは、数よりも国家国民にとって、きちんと仕事のできる人物を選び出すことだろうと思う。そうしたなかで、明日にも民主党と維新の党が合併するとの話があるけれども、いろんな政党をつくり、壊した人たちが集まるということ、不可解千万でして、やはり基本的な論理と言うか、そういう信念を持たない人たちの烏合(うごう)の衆の政党ができ上がると、ちょっと危惧している。(山東派の会合のあいさつで)