子会社NHKアイテックの社員による約2億円の着服問題が明らかになったNHKで、2014年に約1億円をかけて子会社など関連団体の不正を調査していたことが25日分かった。

 約5600万円をかけた弁護士らによる調査委員会で着服を見つけられなかったことはすでに明らかになっていたが、これとは別に4950万円をかけ都内の監査法人に一部を委託した内部監査でも着服を見逃していた。この日あった衆院予算委員会第2分科会で民主党の奥野総一郎氏の質問に籾井勝人会長が答えた。籾井会長は「1億円というとものすごく高いように聞こえるが、私は無駄とは思っていない」と説明した。(滝沢卓)