[PR]

 厚生労働省と川崎市は25日、ブラジルに滞在歴のある市内の10代の男子高校生がジカウイルス感染症(ジカ熱)と診断されたと発表した。国内で感染者が確認されたのは、世界保健機関(WHO)が2月1日に緊急事態を宣言して以降では初めて。高校生はブラジルで感染したという。

 厚労省などによると、高校生は今月9日から20日までブラジルに滞在し、22日に帰国した。20日に37度台後半の熱が出て、22日に発疹が体に出た。24日に川崎市内の医療機関を受診し、渡航歴を説明、ジカ熱を疑うことになった。国立感染症研究所による検査で感染が確定した。入院はせず自宅で療養している。すでに熱は下がり、状態は安定しているという。

 高校生は家族とともに観光目的で渡航。高校生から見つかったウイルスのタイプはブラジルで流行しているものと一致した。同行した家族に発熱などの症状は出ていないという。

 ジカ熱が国内で確認されたのはこれで4例目。これまでの3例も海外で感染していた。

 ジカ熱は主に、蚊が感染者からウイルスを含んだ血液を吸い、別の人を刺すことで感染が広がる。8割は症状が出ないとされる。ただ、妊婦が感染すると、小頭症の子どもが生まれる可能性が指摘されている。海外では性行為で感染したと疑われる報告もある。

 厚労省は今月、ジカ熱を感染症法の「4類感染症」に指定、患者を診察した場合はすべて保健所に報告することを医師に義務付けた。