[PR]

 訪米中の王毅(ワンイー)中国外相は25日、ワシントンで講演し、米中で合意した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議について、「北朝鮮の人々に敵対的な影響を与えてはならない」と語り、北朝鮮国内の安定を考慮したとの考えを明らかにした。

 今回の制裁には、石油全般の禁輸措置ではなく、主に軍用に利用されるジェット燃料の輸出制限が含まれているとされ、こうした制裁を念頭においた発言とみられる。

 王氏は「北朝鮮は重要な隣国であり、伝統的な友好国だ」としつつ、新たな国連決議が採択されれば、中朝関係に影響するかもしれないと指摘。「朝鮮半島の非核化を目指すために、(中朝間の)交流がある程度影響を受けても驚きではない」と語り、一定の関係悪化は織り込んでいるとの見方を示した。(ワシントン=奥寺淳)

こんなニュースも