[PR]

 訪米中の王毅(ワンイー)・中国外相は25日、ワシントンで講演し、北朝鮮への制裁を強める国連安全保障理事会の決議案について、「非核化を進めるために中朝間の交流にある程度の影響が出ても驚きではない」と語り、北朝鮮との間で一定の関係悪化はやむを得ないとの考えを明らかにした。

 王氏は、米中が北朝鮮への航空燃料の輸出禁止などを盛り込んだ新たな決議の草案で大筋合意した後に、米戦略国際問題研究所(CSIS)で講演した。

 中朝関係について、王氏は「北朝鮮は重要な隣国であり、伝統的な友好関係を築いてきた歴史がある」とし、中国の改革開放の経験を共有するなど協力の用意があると指摘。だが、中国が核実験や事実上の弾道ミサイル発射をしないよう求めたにもかかわらず強行したことを念頭に、「最終的にどういう道を歩むかは北朝鮮次第だ」と述べた。

 その上で、制裁を強化する新た…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも