[PR]

 国連児童基金(ユニセフ)は25日、サッカー・アルゼンチン代表のメッシ選手が、アフガニスタンの少年にサイン入りのユニホームを贈ったことを明らかにした。ポリ袋で作ったユニホームを着ていた少年の思いにユニセフ親善大使のメッシ選手が応えた。AP通信などが伝えた。

 同通信などによると、この少年はアフガン中部ガズニ州に住むムルタザ・アフマディ君(5)。メッシ選手のファンだが、父親にはユニホームのレプリカを買う余裕がなく、兄(15)がポリ袋を使って手作りした。アルゼンチン代表のような水色と白の縦じまで、胸の部分には「MESSI」と手書きされている。

 先月、兄がそのポリ袋のユニホームを着たムルタザ君の写真をフェイスブックに投稿し、「リトル・メッシ」などと話題になっていた。(鬼原民幸)

こんなニュースも